• 東京発国内旅行TOP
  • 全ツアー「あとからGoTo」対象 |JALで行く!格安国内旅行のライフツアー

ツアー代金が最大半額!35%割引+15%分地域クーポン付与!

GoToトラベルキャンペーン最新情報

2021年11月16日(火)更新
GoToトラベルキャンペーンの経済効果
 本日はGoToトラベルキャンペーンを今までとは違う「経済効果」という側面から考えてみたいと思います。実施の可否や時期ばかりが報道されていますが、そもそもどのような効果、意義があるのかをご説明します。
 まず昨年のGoToトラベルキャンペーンを振り返ります。
 ・実施時期:7月~12月
 ・利用人数:8,781万人
 ・支援額:5,399億円
 ・支援額を含めた旅行支出:1兆1,663億円(GDP比0.22%)
 昨年のGoToトラベルキャンペーンは12月に停止されたため、未使用分のおよそ1兆3,430億円が本年度に繰り越されています。この繰り越し予算が来年2月から始まると言われているGoToトラベルキャンペーンに適用されるという前提で試算してみます。
 GoToトラベルキャンペーン利用者は、平均で支援額の2.86倍の費用を旅行に費やしたと観光庁が公表しています。再開後の制度が仮に昨年と同様であったと仮定すると、単純計算で3兆8,409億円の旅行に関する支出を計算できます。これは1年間の名目GDPを0.72%引き上げる規模の額で、非常に大きな経済効果であると言えます。また、現在の情報では支援額が昨年よりも引き下げられ、より多くの方にご利用いただけるようになっているため、国内全体の総支出はもう少し膨らむ可能性もあります。
 上記のことからも分かるように、やはり政府が後押しするGoToトラベルキャンペーンには「それなり」の理由=経済効果があるわけです。この経済支援でより多くのお客様にご利用いただき、旅行をする、現地の良さを知っていただくことによって、消費活動が生まれることは、コロナ拡大で深刻なダメージを受けている観光業界にはとても有り難く、必要不可欠になっています。

2021年11月12日(金)更新
GoToトラベルキャンペーン再開に関する新情報
 昨日各メディアにGoToトラベルキャンペーン再開についての記事が多く発表されました。それらの情報を要約してご案内します。
 岸田総理は11月10日の記者会見でGoToトラベルキャンペーンについて、「ワクチンや検査を活用し、より安全な制度を作る。抜本的に見直し、感染状況をしっかり見極めて時期を決めたい」と述べました。そして昨日11月11日に「政府は 2022年1月以降に再開する方針を固めた」と毎日新聞が報じています。その他にも報じられている新しい情報を下記にまとめます。
 ・再開は1月中旬から2月頃。GW前までの実施。
 ・割引率は30%。割引額上限は10,000円。
 ・地域共通クーポンは平日3,000円、休日1,000円。
 観光に携わる各方面からは早期再開を求める声が上がっていますが、コロナ感染時の重症化を防ぐ経口薬の実用化や、3回目のワクチン接種が、GoToトラベルキャンペーンの再開時期を左右するとの記事も出ています。
 また、政府は県民割の対象を隣県を含む地方ブロックまで拡大し、GoToトラベルキャンペーンの再開が1月以降になることから、12月末までとしている期間を延長する方針を固めています。県外への旅行についてはワクチン接種証明やPCR陰性検査を提示することを条件とする方向で調整し、対象地域などは後日改めて発表するとしています。GoToトラベルキャンペーン終了後は、各都道府県が独自に行う県民割への補助に切り替える方向で検討しているようです。

2021年11月10日(水)更新
GoToトラベルキャンペーン再開へ向けた動き③
 本日は全国知事会の提言についてです。
 これからご紹介する提言は、緊急事態宣言解除直後の10月2日に実施されたオンライン会議でまとめられた内容です。「半年におよぶ緊急事態宣言等により地域経済は危機的状況」と指摘し、GoToトラベルキャンペーンの早期再開を国土交通大臣に申し入れています。下記で少し詳しくご紹介します。
 ・来年度に繰り越すことも視野に入れて利用期間を延長するとともに、事業予算の増額や追加配分を行うこと。
 ・感染状況に応じて近隣圏内への旅行も対象に加えること。
 ・再停止の際のキャンセル料補填、補助対象経費の拡充など、柔軟かつ弾力的な運用とすること。
 ・地域共通クーポンについて、割引率の効果的な設定、宿泊などに利用できる前売りクーポン事業の速やかな創設。
 ・小規模、零細事業者へのきめ細やかな支援。
 ・ポストコロナを見据えた国内旅行及び外国人旅行客の受け入れに関する観光再生ビジョンの強力な打ち出し。
 緊急事態宣言が解除されてから、県民割が各都道府県で実施されていますが、知事会は「県境を越えない観光は需要に限界がある」として県境をまたぐ近隣旅行を早期に支援の対象にすることも求めています。ただ、一方では「(新型コロナ感染の)状況は良くなっているが、いっぺんに全国でやると心配も多いので(旅行促進は)段階的に進めなければならない」とGoToトラベルキャンペーンの拡充に慎重な姿勢をみせる知事もいたようです。

2021年11月9日(火)更新
GoToトラベルキャンペーン再開へ向けた動き②
 本日は経済同友会の提言をご紹介します。
 経済同友会とは日本国内の企業経営者が集まり、国内外の諸問題について議論し、政策提言をおこなう団体です。この経済同友会が10月21日に政府に向けた緊急提言を発表しています。
 ・GoToトラベルキャンペーンの再開は年明け以降にするべきである
 ・休日、春休み、連休の割引率の縮小
 ・終了時期は6月末
 ・ワクチン検査パッケージの活用
 ・完全デジタル化
 ・アクティビティもGoToトラベルキャンペーンの対象にする
 ・地域共通クーポンの利用期間拡大
 ※提言全文はこちら※
 以上のような提言で、観光産業の長年の課題である需要偏重の解消とデジタル化を進めようとしています。 また、飲食も旅行の重要な要素となっていることから、飲食店営業の判断主体である都道府県知事にGoToトラベルキャンペーンの再開、再停止の判断を委ねることが望ましいとしています。
 やはり、経済団体としての 感染対策<経済対策 というスタンスがこの提言からも見て取れます。旅行会社としましては、できる限り早くGoToトラベルキャンペーンが再開し、多くのお客様に旅行を楽しんでいただきたいと思っていますが、GoToトラベルキャンペーンの実施によって感染が拡大することがないように感染対策にも万全を期さなければいけませんね。

2021年11月8日(月)更新
GoToトラベルキャンペーン再開へ向けた動き①
 GoToトラベルキャンペーンに関する情報の中から、政治・経済の各方面の動きについて、本日からご案内いたします。本日は岸田総理の動きです。
 先日の衆議院総選挙で単独絶対安定多数の議席を獲得し、体制を盤石にした岸田総理ですが、GoToトラベルキャンペーンの再開については慎重姿勢のようです。10月16日の会見では次のように発言しています。
「昨年の経験を生かして、改良すべきところは改良してやるべきではないか。やっぱり、週末に集中してしまっていた。せっかく平日があるわけですから、平日も利用できる方には利用してもらう。そういった観点から、平日はポイントを深堀りするとかいうようなことを考えたらどうか」
 しかし、この発言以降、GoToトラベルキャンペーンに関する言及はありません。その後も「ワクチン接種を進め、経口治療薬の開発をしっかり進め、経済や社会を回していくことを考えていくのが順番だ。順番を踏んだうえでタイミングを測っていく」とも述べています。
 各方面から、GoToトラベルキャンペーンの早期再開を希望する声が多く上がってきていますが、この慎重姿勢では再開は少し先になるかもしれません。

2021年11月4日(木)更新
GoToトラベルキャンペーンの「あとから割引」について
 GoToトラベルキャンペーン再開についての情報が増えてきていて、冬から春にかけてのご旅行を計画されている方は申し込み時期について悩まれているところだと思います。今日は弊社が実施しているサービス「GoToトラベルキャンペーンあとから割引」のメリット、デメリットについてご案内いたします。
 現時点ではGoToトラベルキャンペーンについて、まだ再開時期や割引額について確かな情報はありません。ただ、コロナ感染が拡大した2020年春から1年半以上も旅行を我慢されている方も多くいらっしゃると思います。そんな状況を打破し、新規感染が落ち着てきたこの時期に、少しでも多くのお客様に旅行の良さを再度味わっていただけるように「GoToトラベルキャンペーン あとから割引」を実施しています。「すでにご予約済」「今後の新規予約」にGoToトラベルキャンペーンを後から適用し、割引・返金ができるサービスで、本サイト全ツアーが「あとから割引」対象になっています。
 これは昨年のGoToトラベルキャンペーン開始時にはなかったサービスで、旅行を計画しているお客様にオススメです。ただ、このサービスには必ず理解していただきたいメリットとデメリットがありますのでご注意ください。
メリット
 ・人気の日程、航空座席、お部屋、プランを早めに予約できる
 ・GoToトラベルキャンペーン再開時の予約取り直しが不要
 ・計画を早く立てられる

デメリット
 ・GoToトラベル再開は未定であり、ご予約の日程で再開していない場合は割引が適用されない。
 ・再開されないからといってキャンセルする場合には所定のキャンセル料が発生してしまう。
 ・割引率や地域共通クーポンの枚数などが現時点では不明で、昨年とは大きく変わる可能性がある。
 ・GoToトラベル適用になり「あとから割引」で振込返金の際は振込手数料はお客様負担。

 以上が現時点でご案内できる内容です。GoToトラベルキャンペーンについての情報が明らかになりましたら、その都度ご案内させていただきますが、現時点では不確定な内容が非常に多いため、デメリット要素が大きいのも事実です。ご検討の際にはご注意いただき、ご不明な点などはお気軽にお問い合わせください。

2021年11月2日(火)更新
GoToトラベルキャンペーンの割引について!
 昨年実施されていたGoToトラベルキャンペーンの割引内容を振り返りながら、現在検討されている内容をご紹介します。
 まず昨年の内容を簡単に振り返ります。詳しい計算方法などは本ページ下部でご案内していますので、ご確認ください。
  ・国内旅行、宿泊の50%相当額を補助
  ・補助額の70%は割引、30%は地域共通クーポンを付与
  ・上限は一人一泊あたり2万円(日帰り旅行は1万円)

 以上が2020年までのGoToトラベルキャンペーンの内容ですが、昨年は割引率が高かったことにより、ハイクラスのホテルや旅館に予約が集まり、 週末や連休には人気観光地が非常に混み合ってしまうといった課題が浮き彫りになりました。そのような課題を踏まえて、現在検討されている新GoToトラベルキャンペーン「GoTo2.0」は昨年とは少し内容が変わってきているようです。
  ・ワクチン・検査パッケージの提示による割引率UPして感染対策
  ・中小事業者の利用による割引率UPして経済支援
  ・平日の割引率UPして旅行需要の分散
  ・被災地の割引率UP

 感染対策を前提とした仕組みを前提として、観光事業者全体を支援する案などが議論されています。 岸田総理が昨日11月1日に会見で「安心安全な形に見直した上で、GoToトラベル再開を検討する」と発表していましたが、昨年とは内容が変わってきていますので、ご旅行お申し込みの際もご注意ください。

2021年11月1日(月)更新
県民割が続々再開!
 先日ご案内したように、GoToトラベルキャンペーン再開の機運が高まってきている昨今ですが、現実はまだ再開時期などは未定のままです。そこで各都道府県がGoToトラベルキャンペーン再開までの期間に独自に実施している地域観光事業支援が「県民割」をご紹介します。
 都道府県の在住者のみが利用できる制度で、ホテルや旅館にご宿泊に割引や特典が利用できます。GoToトラベルキャンペーンが再開されるまでの期間でも、県民割を使ってお得に旅行ができるんです。
 各都道府県の県民割を詳しく説明しているサイトをご紹介いたします。
トラベラーズナビ「旅行クーポンサイト」
北海道・東北 北海道民割青森県民割岩手県民割宮城県民割秋田県民割山形県民割福島県民割
    関東 茨城県民割栃木県民割群馬県民割埼玉県民割千葉県優待神奈川県民割
   甲信越 新潟県民割長野県民割山梨県民割
    東海 静岡県民割愛知県民割三重県民割岐阜県民割
    北陸 富山県民割石川県民割福井県民割
    関西 滋賀県民割京都府民割大阪府民割兵庫県民割奈良県民割和歌山県民割
    中国 鳥取県民割島根県民割岡山県民割広島県民割山口県民割
    四国 徳島県民割香川県民割愛媛県民割高知県民割
 九州・沖縄 福岡県民割佐賀県民割長崎県民割熊本県民割大分県民割宮崎県民割鹿児島県民割沖縄県民割

2021年10月28日(木)更新
ワクチン・検査パッケージについてのご案内
 最近のGoToトラベルキャンペーンに関する報道の中でよく聞く「ワクチン・検査パッケージ」について、現時点での情報をご案内させていただきます。
 以前より政府は「ウイルスの存在を前提に、『ウィズコロナ』の社会経済活動を進めていく必要がある」という方針を明らかにしています。そのうえで「GoToトラベルキャンペーンの再開は、現在行われている実証実験の結果を精査してから」と岸田総理が発言しています。
 ここに出てきた実証実験が「ワクチン・検査パッケージ実証実験」です。
 内容は新型コロナウイルスワクチン接種済証や陰性証明の検査結果を提示することで、様々な規制・自粛の緩和や県境移動を容認するものです。また、旅行会社が実施するツアーや宿泊施設を対象に、感染防止対策を継続したうえで、ワクチン接種歴の確認や事前の検査のオペレーションなどを検証することとしています。
 具体的には指定された旅行会社、旅館、ホテルにて、ワクチン接種済や陰性証明を持つ人向けのプランが予約できるようになっていて、利用者には関係書類を確認し、観光庁が2週間後に感染の有無などを検証することになっています。この実証実験の調査をもとに、観光庁はGoToトラベルキャンペーンの開始時期や運用方法を検討するとしています。
 この内容を考えると、GoToトラベルキャンペーンの利用にはワクチン接種済証か陰性証明が必要であることは、頭に入れておいたほうが良さそうです。ワクチン接種済証の申請などの諸問題はまだありますが、着実にGoToトラベルキャンペーン再開に近づいてきています。

2021年10月27日(水)更新
 緊急事態宣言が解除され、間もなく一か月が経ち、新規感染者も週ごとに減少傾向を見せる中、GoToトラベル再開について日に日に注目が集まっています。
 政府はすでにGoToトラベルの運用見直しを表明しており、新GoToトラベル「GoTo2.0」について11月に専門家と協議を行い、早期再開が進められる見通しです。
 現在検討されている新GoToトラベル「GoTo2.0」の内容をご紹介いたします。
【割引内容】
・ワクチン・検査パッケージの活用
・平日の需要喚起
・クーポンなどの手続を完全デジタル化
・割引率や割引額の再考
【その他】
・中小企業、交通事業者、災害被災地を支援
再開時期は未定ですが、全国知事会や観光業界が再開を強く要望していることもあり、年内再開もあり得るとの声も上がっています。

2021年10月19日(火)更新
全国的にも感染者数が落ち着きを見せる中、10月18日、岸田総理が行動制限の緩和に向けて「今週から京都を皮切りに、ワクチン・検査パッケージの技術実証、これをスタートさせていただきます」と述べました。
一方のGoToトラベルについても10月16日、岸田総理は「昨年の経験を生かし、改良すべきことは改良してやるべき」と述べており、再開にあたっては制度の見直しを行う意向を明らかにしました。 ワクチン接種証明などと組み合わせる新GoToトラベル「GoTo2.0」を実施するとの見解を明らかにしています。
【割引内容】
・ワクチン 2 回接種者の割引率UP
・中小ホテル、旅館利用での割引率UP
・被災地での割引率UP
・平日の割引率UP
【その他】
・ワクチン接種証明書や陰性証明書の活用
・紙クーポンのデジタル化
上記は検討されている内容の一部です。ただし、再開時期は未定です。GoToトラベル再開の目安は”ステージ2”です。
引き続き感染対策を行って、元の生活に戻れるように、早くお得に旅行に行けるように皆さんで頑張りましょう。

2021年10月1日(金)更新
Go Toトラベルキャンペーンの再開について言及してきた岸田文雄氏が総理・総裁選出されたことで、時期は未定ではありますが、Go Toトラベルキャンペーン再開の可能性が日に日に高まってきております。
岸田新総裁が総裁選前の9月19日に日本旅館協会や、観光業団体とオンラインで会談し、
新型コロナウイルス感染症の感染拡大が沈静化してきた段階で、電子ワクチン証明などを活用した、「新たな観光振興策 Go To 2.0」を結果につなげたい との発言があり、また同月21日には日本商工会議所の三村会頭との自民党総裁選前に行ったオンライン意見交換においても、
「ワクチン証明書等と組み合わせ、中小店等の利用率が上がる形で『Go To 2.0』を推進したい」との発言もありました。
前政権の菅内閣においても、加藤前官房長官は9月16日の記者会見で、「感染状況を見ながら、専門家の意見をいただいて、適切に判断していくべきものだ。」とも述べられております。

長く続いた緊急事態宣言が解除され、ワクチン接種も進むなか、Go Toトラベルキャンペーンのような
需要・消費喚起策の再開を求める声が高まってきています。

2021年11月10日最新情報更新!
あとからGoTo割引適用開始!事業再開後の予約取り直しが不要!

今すぐGo To トラベルキャンペーン最新情報をチェック

Go To キャンペーンとは?

実施目的と概要

  • 新型コロナウイルスの感染拡大は、観光・旅行需要の低迷や、外出の自粛等の影響により、地域の多様な産業に対し甚大な被害を与えている。
  • このため、新型コロナウイルス感染症の流行収束後には、日本国内における人の流れと街のにぎわいを創り出し、地域を再活性化するための需要喚起が必要。
  • 今回の感染症の流行収束後において、甚大な影響を受けている観光・運輸業、飲食業、イベント・エンターテイメント業などを対象とし、期間を限定した官民一体の需要喚起キャンペーンを講じる。

※ 国土交通省資料より抜粋

「Go To キャンペーン事業(仮称)」として、1兆6,794億円の予算が計上されており、感染拡大防止のため休業を余儀なくされた日本全国の宿泊施設や、観光施設、飲食事業者、利用客が激減した航空会社等の運輸業、そして旅行商品を企画する私たち旅行会社、そしてなんといっても、コロナの影響で予定していた旅行をキャンセルしたり、旅行に行きたい気持ちを我慢して自粛を続けてきた旅行好きのお客様にとって、期待の大きい大キャンペーンとなります。

弊社、ライフツアーでもGo To キャンペーン事業の中の一つ「Go To トラベルキャンペーン」がご利用いただけます。

  • あとからGo To トラベルキャンペーン割引適応について
  • ライフツアーでは、Go To トラベル事業の再開に備えて、「既にご予約済み」及び「今後の新規ご予約」に対してGo To トラベルキャンペーン割引を後から適用させる準備を進めています。
    "あとからGo Toトラベルキャンペーン"を適用させていただくことで、事業再開後のご予約の取り直しが不要となります。
    対象はライフツアー全商品です。

    Go To トラベル事業再開後、準備が整い次第 割引対象となるご予約をお持ちのお客様には個別にメール又はお電話にて通知致します。
    参加条件等へ同意をいただけましたら、割引を適用する予定です。 Go Toトラベル事業再開後は飛行機ならびに宿泊施設が混み合い、 予約が取りづらくなるため、事業再開前の早めのご予約をおすすめいたします。

    ご予約の際には、以下の内容について予めご了承ください。

    ◇◆注意事項◇◆
    ※Go To トラベル事業が再開されていない場合、割引支援の適用はありません。その際、既にご予約済みのご旅行をキャンセルされる場合は、規定のキャンセル料が適用されます。
    ※Go To トラベル事業が再開された場合には、お客様が希望されれば、その時点で適用される割引支援ルールが適用されます。その際、割引率や割引上限額、地域共通クーポンの配布枚数、対象地域、対象施設、旅行者の参加条件は、これまでの内容と大きく異なる場合があります。
    ※対象となるお客様へのメール通知は準備が整い次第行います。通知を行った際には、本ページ上でもお知らせします。
    ※ご予約時お支払い方法にて「銀行振込」をご選択された場合、割引額返金に際し振込手数料はお客様ご負担となります。予めご了承下さい。

どれくらいお得になるの?

旅行代金割引について(2020年12月までの内容)

消費者が購入した旅行商品の代金の50%相当分(1人一泊あたり最大2万円)が補助されます。

Go To キャンペーン補助金額のうち、70%が旅行代金の割引に、残りの30%が現地で利用できるクーポン券に割り当てられます。

例えば、旅行代金が20,000円の場合、補助額となる10,000円のうち旅行代金の割引が7,000円、現地で利用できるクーポン3,000円となります。つまり、旅行代金の支払い額は1万3,000円となり、クーポン3000円が付いてきます。

東京発・ 奄美 旅行2泊3日

旅行代金 50,000円(お一人様)
補助金額
旅行代金の50%相当
25,000
補助金の割合 クーポン
補助金の30%相当
旅行代金割引
補助金の70%相当
7,500 17,500
割引後は...
旅行代金が32,500円に!
さらに
7,500円のクーポンが付いてくる!

東京発・ 沖縄宮古島 旅行3泊4日

旅行代金 100,000円(お一人様)
補助金額
旅行代金の50%相当
50,000
補助金の割合 クーポン
補助金の30%相当
旅行代金割引
補助金の70%相当
15,000 35,000
割引後は...
旅行代金が65,000円に!
さらに
15,000円のクーポンが付いてくる!

長距離&ロングステイ&高単価な旅行ほどお得!

お得な価格が一目でわかる!
割引料金シミュレーション

全員の旅行代金合計

旅行人数(添い寝のお子様・幼児含む)

宿泊数

割引額:---

割引前の旅行代金: ---

割引後の旅行代金: ---

※地域共通クーポンは10月1日以降出発のご旅行に付与されます。

新型コロナウイルス感染症対策
「新しい旅のエチケット」と航空会社の対応について

GoToトラベルキャンペーン|新しい旅のエチケット

新しい旅のエチケットとは?

3密を避けたり、ソーシャルディスタンスの確保、手洗いやうがいなど私たちにできる基本的かつ万全な感染対策を実施していく必要があります。 「新しい生活様式」に適した「新しい旅のエチケット」を、Go To トラベルキャンペーンを行う上で普及していく必要が義務付けられています。 新しい旅のエチケットとは、旅行関係業界の業界団体などで構成された旅行連絡会が国土交通省・観光庁の協力のもと公表した、旅行者視点での感染防止の留意点をまとめたもの。 具体的な内容とは、旅行者それぞれが行えるマスク着用や手指消毒など旅行中に注意する基本の内容から始まり、 それぞれ旅のシーン別に感染拡大を防ぐために注意すべきことをまとめたものになります。 詳しくは「新しい旅のエチケット」をご覧ください。

航空会社が行っている感染対策

航空会社においても、旅行者を安心・安全に受け入れるため、各種ガイドラインに沿った新型コロナウイルス感染症対策を行っております。 「お客様へのお願いとJALの取り組み」にてご確認ください。

GoToトラベルキャンペーンよくある質問

GoToトラベルキャンペーンはいつ再開されますか?
すでに予約している旅行はGoToトラベルキャンペーンの対象ですか?
GoToトラベルキャンペーンの対象地域や対象期間は?
GoToトラベルキャンペーンが再開された場合、旅行会社から連絡はもらえますか?
GoToトラベルキャンペーンが再開後の割引やクーポンはどうなりますか?
旅行申込後にGoToトラベルキャンペーンの対象となった場合は返金されるのでしょうか?
GoToトラベルキャンペーンの対象になる見込みで予約しましたが、キャンペーンが再開されません。ツアーの変更やキャンセルはできますか?
どうみん割のような、各地域自治体が独自に行うキャンペーンとGo To トラベルキャンペーンとの併用は可能なのでしょうか?
Go To トラベルキャンペーンを使った旅行回数に制限はあるのでしょうか?